ドロンジョーヌ恩田の自転車美女入門

自転車、特にロードバイクに関する本は圧倒的に男性が書いたものが多数です。ところが「ドロンジョーヌ恩田の自転車美女入門」はその名の通り、女性が書いた自転車の本。しかもロードバイクを乗りこなしている女性です。

でもやはり男性が書くロードバイクの本と「ドロンジョーヌ恩田の自転車美女入門」の違いは大きく、まず表紙写真が違います。

男性が書くロードバイクの本だと、表紙にはヘルメットをかぶり、ウェアも自転車用のものでびしっと決めた写真が使われています。ところが「ドロンジョーヌ恩田の自転車美女入門」は軽快ないでたちの女性が、スカートをはいてロードバイクにまたがっています。

硬派のロードバイク乗りからみると「なんじゃこれは!」となるのかもしれませんが、お気楽自転車乗りからすると、「ああ、これでも良かったんだ」という感じ。

中身もイラストいっぱいで、女性に限らず、これから自転車を始めてみたいと思う人に参考になる情報がいっぱい。これまた「気楽に始められるんだ」という印象を持たせてくれます。

最近のスポーツタイプの自転車に興味がある人には男女を問わずおすすめです。