サイクルトレイン、養老鉄道

養老鉄道には自転車を持ち込める区間があります。桑名駅は利用できませんが、播磨駅から揖斐駅間の7つの駅が利用可能です。多度駅は多度大社と木曽三川公園、駒野駅はお千代保稲荷、養老駅はもちろん養老の滝、西大垣は水都大垣と見どころが一杯あります。

播磨駅と大垣駅以外の駅ではレンタサイクルもあります。西大垣駅の「すいとGO!]は無料、ほかの駅の「ecoサイクル」は一日100円です。自転車だと小回りが利くので、意外な発見をするかもしれません。

利用日時や持ち込める車両には制限がありますので、詳しくは養老鉄道のHPなどで確認してください。

2014年6月現在

持ち込み料:一人1台無料、利用期間:土、日、祝のすべての列車、春休みなど長期休暇中は9時から17時まで、ほかの平日は9時から15時まで。

急な事情で利用できないこともあります。養老鉄道のHPに掲載されることもあります。事前に確認してサイクリングを楽しんでください。

渥美半島にもサイクルトレインがあります。

三岐鉄道三岐線の自転車持ち込み列車は「サイクルパス」という名前です。詳細はHPをご覧ください。