マダガスカルの自転車パーツ屋さん

マダガスカルの自転車パーツ屋さん

ここはマダガスカルの田舎町の自転車パーツ屋さん。タイヤやリムが目立ちますが、お店の中を見てみると、各種のギアやペダル、サドル、などなど、フレーム以外は何でもあります。ではフレームは?

近くで市場に来た人たちの自転車を見てみたら、中にはフレームに「プジョー」とか、有名メーカー名が書いてあるものが混じっています。途上国で使われている自転車はどうせ中国製かインド製だろうと思っていたら、必ずしもそうではないようで、ヨーロッパ辺りからスポーツ車の中古も入ってきているのでしょう。

フレームは頑丈でも、あとのパーツはマダガスカルの厳しい使用環境(200キロ近い荷物を積むこともあるとか)ではすぐにダメになります。そのために、他の部分のスペアパーツは豊富に用意されている、というのが真相ではなかろうかと想像しています。