マダガスカルにはスポーツタイプの自転車が多いけど…

マダガスカルの自転車

マダガスカルにはスポーツタイプの自転車が意外に多いです。この写真のものもかっこいいハンドルに、10段変速くらいは付いていそう。

ところが、サドルの後ろには予備の座席があり、サドルの前には荷物を載せられるように板が取り付けられています。ちなみに、このお兄ちゃんはレストランに肉を届けに来ていました。

竹製の自転車ザンバイク

竹で自転車のフレームを作る、なんていうことは日本発であるいは出て来るかな、と思っていたら、何と、アフリカのザンビアで竹製フレーム自転車が実用化されていました。その名もzambike(ザンバイク)。

日本語のサイトもできていて、ここではフレームだけを注文することができます。

そしてこのフレームも各種サイズが揃っていて、ほとんど普通にスポーツ・バイクの有名ブランドのフレームを選ぶのと変わらないじゃないですか。恐るべしザンバイク。

ザンバイクのサイトを読んでみると、どうやら、アメリカ人のバイク専門家が常駐して指導した模様。

最初はアフリカの竹製バイク、と聞いて、「とりあえず現地にあるもので実用車を作りました」というものを想像したのですが、全く違っていました。世界市場に打って出る商品ですね。買う人がどれくらいいるかは別ですが。

自転車のフレームサイズ

GIANTのクロスバイクを購入し、日常的にももっぱらこちらを愛用しています。

久しぶりに、古い自転車に乗ったら、なんだか違和感が。この古い自転車、知人のお古を頂いたものでしたが、乗っている時には「こんなものか」と思っていたものが、GIANTのクロスバイクから乗り換えたら、とても乗りにくいのです。

一番の理由は腕が突っ張ること。自転車に乗っていると腕が伸び切ってしまい、余裕がありません。

GIANTのクロスバイクは自転車店の店員さんに相談し、僕の身長に合わせたSサイズを選んでいます。頂いた古い自転車はもちろん僕の身長に合わせて購入したものではありませんから、フレームのサイズが合っていなかったのです。でもそのことに、始めて気がつきました。

以前は自転車のサイズなんて、大人用と子ども用程度の分類しかないと思っていましたが、飛んでもありませんでした。ちゃんとした自転車には、ちゃんとしたサイズが用意されている、ということですね。

自転車用ナビ ナブ・ユーNAV-U35

ソニーが出している自転車や徒歩でも使えるカーナビ、ナブ・ユーNAV-U35を購入。早速使ってみました。8キロほど離れた清洲貝殻山貝塚資料館をめがけて出発!走行距離に加えて消費カロリーまで表示されるのは嬉しいところ。でも往復したら、久しぶりの自転車での遠出はやはり疲れました。明日は筋肉痛かな。でも、数日前からの腰痛が不思議に消えていた!

朝日遺跡・清洲貝殻山貝塚資料館

ナブ・ユー NAV-U35

GIANTのクロスバイクを買ってしまいました

GIANTのクロスバイクを買ってしまいました。いやあ、高いものじゃないけどよく走ります。フレームのサイズは背の低い僕に合わせてS。そんな選択ができるもの嬉しいところ。最近のバイクは昔のものに比べると、値段対性能比がぐんとアップしていますね。知人には100万円くらいかけてロードに乗っている人もいますが、そこまでしなくても普通の人なら十分十分。

GIANTのクロスバイク