ツアー・オブ・ジャパン美濃ステージを観戦しましょう

「UCI公認 国際自転車ロードレースの第3ステージ、美濃ステージが2015年5月20日(水)に開催されます。9時の開会式から走行終了は午後1時頃です。

レースには本場ヨーロッパなどを転戦しているプロ選手と国内のプロや実業団所属のトップ選手が出場します。美濃ステージは、うだつの上がる町並みをパレード走行した後、藍見から大矢田、半道、上牧、下牧、前野を通るコースを7週半(160.7キロメートル)走行します。
うだつの上がる町並み『重要伝統的建造物群保存地区』が、パレードのスタート地点。江戸時代初期に築かれた、意匠や造形の建造物が多く残っています。

おもてなしコーナー「美濃和紙の里会館」9時から13時まで、地元の商店が特産品の販売をするとともに無料サービスやお楽しみ抽選会が行われます。

コース途中の長良川沿いには、国重要文化財の美濃橋(つり橋)や大矢田神社があります。新緑の美しい時期に美濃を楽しみませんか。

これに関連して「サイクルシティ美濃、自転車の歴史&ツアーオブジャパン展」が道の駅 美濃にわか茶屋にて開催されています。4月1日から5月31日まで。特色のある自転車が展示されています。

ツアーの詳細は公式HPをご覧ください。http://www.toj.co.jp/

サイクルトレイン、養老鉄道

養老鉄道には自転車を持ち込める区間があります。桑名駅は利用できませんが、播磨駅から揖斐駅間の7つの駅が利用可能です。多度駅は多度大社と木曽三川公園、駒野駅はお千代保稲荷、養老駅はもちろん養老の滝、西大垣は水都大垣と見どころが一杯あります。

播磨駅と大垣駅以外の駅ではレンタサイクルもあります。西大垣駅の「すいとGO!]は無料、ほかの駅の「ecoサイクル」は一日100円です。自転車だと小回りが利くので、意外な発見をするかもしれません。

利用日時や持ち込める車両には制限がありますので、詳しくは養老鉄道のHPなどで確認してください。

2014年6月現在

持ち込み料:一人1台無料、利用期間:土、日、祝のすべての列車、春休みなど長期休暇中は9時から17時まで、ほかの平日は9時から15時まで。

急な事情で利用できないこともあります。養老鉄道のHPに掲載されることもあります。事前に確認してサイクリングを楽しんでください。

渥美半島にもサイクルトレインがあります。

三岐鉄道三岐線の自転車持ち込み列車は「サイクルパス」という名前です。詳細はHPをご覧ください。

サイクルライト

ライト取り付け7年ほど乗っているママチャリのライトが切れたので、近所の大型自転車店に行きました。ライトは点灯さえすればいいので、今迄通り(動力で点灯する)の一番安い物でいいと思っていました。けれど商品説明を聞いていたら、今は新しい機能のあるいろんな種類の製品があることがわかりました。自動車のライトはLED・LEDと騒がれていたのは知っていましたが、自転車用もあるとは想像もしていませんでした。
勧められたのはLEDで明るくて、ゆっくり歩いていても点灯するもの、しかも点灯レバーを解除しても1分間は光が点滅するものでした。電池を使わず動力で動くのは同じです。我が家は小屋に自転車をしまうのですが、そこには電燈がついていないので夜は暗くて不便でした。また、玄関から小屋に行く道も暗かったので少し危ないと思っていました。価格も取り付け代含んで3000円以内でしたので、購入しました。
使った実感は「とても便利」「取り付けてよかった」「娘の自転車も今度はこれにしよう」です。

丸善電機産業製丸善(MARUZEN) LEDブロックダイナモ マグボーイ mlA-8 6LED オレンジ CP
です。

新品購入か修理の時くらいしか足を運ばない自転車店ですが、どんな新製品が出ているのか見るのも楽しいですね。